成長期の子供に必要な栄養がバランスよく配合されているアスミール

身長を伸ばしてあげたい、偏食をどうにかしたという思いで購入される方が多いと思います。

ですがいくら良いと言われていますが、やはり気になるのは副作用があるかどうかですよね。

そこでアスミールで健康被害があるのかどうか調べてみました。

アスミールの成分

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末大豆たん白、煮干しパウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L‐アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

※公式ホームページより

●プラセンタ

プラセンタには動物性と植物性があります。

動物性のプラセンタは疫病問題や残留ホルモンがの心配があるため、アスミールでは胎座と呼ばれる種子を育成する部位から抽出される植物性のメロンプラセンタを使用しています。

●ドロマイト

天然珊瑚素材からできている希少価値の高い天然由来のカルシウム素材です。

●魚骨焼成カルシウム

魚(タラなど)の骨を十分に洗浄し、焼成した天然由来のカルシウムです。

●胡麻ミネラル

特殊製法によりゴマ由来のミネラルはそのままで、吸収阻害物質のみ除去した吸収性が優れた植物性ミネラルです。

●CPP(カゼイン・ホスホ・ペプチド)

ミネラルの吸収を促進することができる天然サンゴ由来のカルシウム吸収素材です。

 

上記に挙げたアスミールの特徴成分以外も原材料すべてが安心な国内産です◎

合成保存料、合成着色料、合成甘味料が一切使用されていないことも魅力ですよね(^^)

健康被害はあるの?

アスミールは基本的には健康被害はありません。

しかし、原材料の一部には乳成分、ゼラチン、大豆を含む成分もあります。

これらのどれかにアレルギーがある場合はあまりおすすめできません。

また、身体に良いといって飲みすぎもよくありません。

アスミールの成分にある「L-アルギニン」は胃痛や腹痛を引き起こすことがあります。

そのため、用量は守るようにしましょう!

まとめ

アスミールは大事なお子さまが飲むものであるため、すべてにこだわりがあります。

安心してお子さまに飲ませて良い栄養補助食品となっています♪

もし迷っていましたら、ぜひ一度試してみてください(^^)

⇒只今、キャンペーン中!安心お得に購入できるアスミール公式サイトはこちらから